192話 なさけ

休日、午後4時の二人の会話。 「ねー、夕ご飯、何時に食べる」 「う~ん、6時」 では、それに合わせて作ろう。 献立は決めてある。 では、遊ぼうと、これを始めた。 足元が寒い椅子に座っているが、スリッパを履いても足のつま先がどんどん冷たく痺れる。 で、椅子に胡坐だ。 曲げた膝の裏につま先を当てるとホンワカと温か…
コメント:0

続きを読むread more

191話 ふたり

ジャックラッセルの「ジャック」君は、ぬいぐるみが大好きで~す。 特に、このぬいぐるみがお気に入りで、何代目か数えきれません。咬む、振り回しキャッチし一人遊びします。 最近、私はランチジャーを買い、早朝、夫の為弁当を作っている。 以前は、オニギリでさえ 面倒だった私がだ。 そして、今は楽しくその作業をしている。 …
コメント:0

続きを読むread more

190話 風情を知らぬイキな犬

今冬は雪が少い、路面が見えると足元が軽く、ジャックの散歩が楽だ。 2月下旬の頃、白鳥の声が度々聞こえるようになった。旅立ちが近い。 鳴き声を聞く度、その姿を探すが、近くに聞こえる声音のわりに姿が遠く高く見つからない。 まして、羽ばたく白色姿、雲や雪山に同化してか、「声はすれども」で結局、点状態の姿を見つけガッカ…
コメント:0

続きを読むread more

189話 キリギリスが年金相談に行くことにしました。

今まで、他人事のように浅く考えていた事が間近に迫っている。 誰しもその年齢に近くなったら気がつき、あたふた。 いやいや、数年前から計画を立てるのが正しいのだ。 「年金生活」 私んちは、二人とものんびり今を楽しんでいた。 退職年齢がないから無計画に、まだまだ先のことと都合のいい解釈をしていた。 …
コメント:2

続きを読むread more

188話 はがいがないPC練習中の心境

又、遊びたい・・・・・・なのにパソコンに遊ばれている現状。 グ ヤ シ イ~~~ 今に見ておれと、今日も頑張っているが、どこか勝手が違う。 どこ? キーボードの位置がチト違う。 変換とカナ/かなのキーが小さい。 全体に小さいので仕方がないのだが。 慣れるしかないのだろう。解ってい…
コメント:2

続きを読むread more

187話 門出

昨日(2014.2.4)開通、新しいパソコンの門出の日。 慣れない感覚で、久し振りにこの場所に辿り着いた。 又、私の好きな時間空間で遊べちゃう嬉しさ。 私のそのままの過去がまだあった。 ここに来られた嬉しさを記念して、 この気持ち残しちゃお~と・・・うふふ嬉しいな。
コメント:0

続きを読むread more

186話 「2012年3月11日」 安心仕度。

昨日、大船渡市から釜石市を夫と回った。 高田松原の「一本松」など・・・いろいろを、車窓から静に眺めた。 雪が舞う寒い日だった。 言葉少なくなる。 今朝 岩手、宮城、福島、3県合同の 地方紙の「昨年の新聞」が 今日の新聞と届いた。 昨年の、衝撃的な「号外」を目にした、同じ気持ちが目覚めた。 …
コメント:0

続きを読むread more

185話・  うふふ♪

なぁ~んだ~・・・・うふふ 。 ほんとに~・・・・うふふ。 難しく考えなくていいんだ。 物事は案外、簡単なのかもしれない。 それを、 あ~でもないか? こ~でもないか? 自分の狭い、思考範囲で、堂々巡りのスパイラル。 それに気が付き、うふふ・・・あはは~~~~~。 ある、小春…
コメント:0

続きを読むread more

184話、母夢想

あなたは、この夏で、80歳になりましたね。 最近めっきり、小さくみえます。 心が痛いと叫ぶ、うめき声が、聴こえるようです。 家督息子を亡くしました。 未だ月日は、想い出や悔恨等、さまざまな「心のコリ」の、砂粒をこばしてはくれません。 私も寂しい、悔しい、切ない、辛い。 その姿が・・・・・・・辛い。 私に命を…
コメント:2

続きを読むread more

183話。「空より高く」を聴きましたか。

仮設住宅関連の仕事も、目途がたった。 宿泊施設がなく内陸からの通いは大変で、皆痩せてきている。 ボランテア精神である。 ある方の、「私達は幸せボケだから・・・・・・」の、言葉に胸が痛む。 「私達の仲間」には、私は入りたくはない。 受災者ではないが、幸せボケするほど安楽ではない現実があるのだ。 「僕達は小さいので何…
コメント:0

続きを読むread more

182話。現実変化。

買い物から戻り、車から下りると、 「○○さ~ん」と、私を呼ぶお向かいの、オチビさん達の声が聞こえた。 二人のオチビさんは、それぞれが口元に両手をラッパンのようにあて、私の苗字を呼んでいた。 若いお母さんは、草むしりの最中だった。 「荷物を置いたら戻るから、待っててね」と、家に入り急いで戻った。 「何をしていたの…
コメント:0

続きを読むread more

181話。吾幸也 (われしあわせなり)

植物を育てていると・・・・・・、雨も有りがたい。 お日様も有りがたい。 降り続く雨の日には、お日様に土の乾きを願い、 日照りの日には、雨に灌水の楽を望んだりする。 自分の労?と言えるのは、毎日「そこに行く」ことかもしれない。アハ!? 今春も、数個のプランターに、ワクワク~ウキウキ~しながら、野菜の苗を植えた。…
コメント:0

続きを読むread more

180話・岩手 消えても目を閉じると見えるよ。

/> ああ・・・・  ああ・・・・。  いつまでも寒いよね。 でも、春なんだね。 産直では、「ふきのとう」が 10個で160円よ。 欲張りな値段だよね。 でも、辺りを見渡しても「ふきのとう」は、ひとつも見つからないね。 知っている場所が幾つも  消えた。 ああ・・・・。 あそこには、たくさんの想い出が…
コメント:2

続きを読むread more

179話・ナガラ寝、おやすみなさい。

夫は、ナイターを見ながらソファーで眠りについた。 毎晩こんな感じで、気持ちよさそうだ。 エアコン快適、室温27,9度。扇風機もご苦労さん。 さて、何から先に消そうかなぁ????? 先ず、エアコン、テレビ、このPC、電気かな、オヤスミ・・・・・。 「観てた!のに」と、言って目覚める…
コメント:4

続きを読むread more

178話・自分を褒めてあげるね。

「あること」をしてから、迷惑メールが多くなり始め、削除しても翌日には倍がえしのオンパレードとなった。 うんざりして、閉じたまま数ヶ月過ごした。 案の定すごい数になった。 意を決して、「あること」をし、メールは来なくなった。が、 今度は、ブログの編集が出来なくなった。 数日、悪戦苦闘したが、ど…
コメント:0

続きを読むread more

177話・「ジャック」君、服を着るの巻

愛犬「ジャック」は、小さいので皆さん油断なさるが、どっこい! お客様に対し、直感で相性が悪いと、とことん、吠えまくる。興奮のままその方が帰るまで吠えまくる。 ところが初対面でも、「うれしいな、まっていたよ~」って、感じで小さなシッポが千切れんばかりに振って…
コメント:4

続きを読むread more

176話・私も晩秋かな~?

又この季節が廻ってきた。身体が「何歳になっても苦手だよ~」と、苦笑しながら訴えている。 心も、年々黄昏ている。 今朝の雨で、濡れたアスファルトに、銀杏や紅葉の葉が、鮮やかなコントラストを見せている。 アスファルトに桜の花びらなら「ホンワカ」するが、色合いのせいか「寂しさ」を感じる。 このところ夫は、休日返上の忙しさが…
コメント:2

続きを読むread more

175話・満悦「サツマイモ収穫」の巻き!?・・・。

お盆に買ったサツマイモから芽が出た、小さな2つの芽をサツマイモの片を付けて、 水に数日浸けたら面白いように伸びた。 8月末頃、それを、枝豆の収穫後のプランターに浅く植えつけた。 初めてのこと、どうなるか?興味心は太いサツマイモを夢見させてくれた。 ツルは朝顔の後を追うように伸び、葉が茂り見事になった。 夫は、そのツ…
コメント:5

続きを読むread more

174話。「真実とは」

台風一過。秋晴れの日が戻って来た。朝の気温が一桁になり、岩手山に初冠雪があったのは昨日のことだ。 窓越しに、コンバインの音が重なる、冷たい風に急かされているようだ。 黄金色だった田んぼが、たちまち切り株の整列になり、待っていたかのように鳥達が降り餌をついばんでいる。 室内では、暖房機が大人だけの静寂な部屋に、一定のリズムを響か…
コメント:2

続きを読むread more

173 ジャック・ラッセルテリヤ☆「ジャック」君の暇つぶし

こんな可愛い相棒が居ます。 名前は「ジャック」。特技はナメナメ攻撃。骨太で筋肉マン。甘えん坊。嫌いな人には徹底的に吠える。肉巻きガムが好物。獣医さんが好きで、看護士さんはもっと好き。トリミングのお姉さんたちに「ナッツコイ~」と言われ、ご機嫌。 やんちゃで、最初は超大変でしたが、今はお利口さん。可愛い~~大好きですよ「ジャック」{%ハ…
コメント:2

続きを読むread more